階級・年齢区分説明

★階級について

体重が重い方が有利であるため、ケトルベルチャレンジは階級制となっています。計量は大会当日、開会式の2時間前から行います。

「競技する格好でシューズを脱いだ状態」で計量します。そのため800gオーバーまで「衣服重量」としてオーバー可能です。

そのため、下着姿での軽量はできません。

44kg級の女性なら。「競技する格好」で「44・8kg」であれば計量クリアとなります。



★帯の決定方法


ケトルベルチャレンジは帯制度を採用しています。帯は①種目③部門③ケトルベルの重量④回数⑤年齢区分⑥性別⑦階級から決定されます。

U-15は白帯スタートで、桃、青、黄、紫、緑、橙、赤、黒の順になっています。U-23~M4は白帯スタートで黄、紫、緑、橙、赤、黒の順になっています。

※マメ知識

ロシアやアメリカではランキングといい、ランク●、CMS、MS,MSICと表記しますが、ケトルベルチャレンジではわかりやすく帯の表現をしています。

 


年齢があがるにつれて帯取得条件がゆるやかになっていきます。




 

※注意!ケトルベルチャレンジでは「最低回数」が定められています。

 



帯表はGS部門は紫色、SL部門は緑色で塗られています。

S・・・スナッチ

DB・・・スナッチ  ダブルジャーク

DLC・・・ダブルロングサイクル

B・・・・スナッチ  シングルジャーク(女性のみ)

LC・・・シングルロングサイクル(女性のみ)


スナッチ、バイアスロン、ロングサイクル、ダブルロングサイクルはそのまま回数をあてはめてください。

ダブルバイアスロンは(スナッチの回数÷2+ジャークの回数)になります。